2017年6月26日

白石蔵王

まで新幹線で行って、レンタカーを借りて、周辺を回ってきました。

2017年6月21日

パーカッション・リズム・ワークショップのお知らせ

日時:7月29日(土)14時~16時
コスマス・カピッツアによるパーカッション・ワークショップ
端正な音と自在に遊ぶ心を併せ持ったパーカッショニスト、コスマスさんは、ギャラリーの音空間で、チェロやオーボエとのコラボレーション、ソロライブなどさまざまな試みをしてこられました。
この実験的なリズム・ワークショップにおいても、素晴らしいリードで参加者のパワーを引きだしてくれます。打楽器未経験の方でも大丈夫です。
豊富な種類のパーカッション、小物打楽器を叩きながら、アンサンブルの音の楽しみまで感じられる贅沢な時間を、ご一緒しませんか。
 
参加費:2500円 
お申込み・お問合わせ:ギャラリー南製作所(2222gmf@gmail.com

2017年6月19日

雨の工場・フロッタージュ

久しぶりに訪れた綱島製作所は、窓が開いていてなんだかとても広々としていた。
ああこのにおい、なつかしい。
この景色、みられるのもとうとう最後です。
 
こちらは、ギャラリーでのフロッタージュ風景。
雨のなか、来てくださった方々、ありがとうございました!


2017年6月15日

木魂を彫る

思い出多き葉山に、久しぶりに車で行ってきました。
久しぶりなせいか大胆に道を間違え、羽田から2時間も。ま、それもまた楽しからずや。
お目当ては、神奈川県立近代美術館葉山で開催中の「砂澤ビッキ展~木魂を彫る」
 
目に見えないものを、形にして見せてくれている。
裸の木肌が、生きている獣のようにもり上がっていたかと思うと、流れる透明な水面の音を感じさせてくれる。圧巻でした。
18日まで。
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/museum/exhibitions/2017/bikky/

2017年6月7日

流鉄 

現代彫刻美術館で開催中の「青野正彫刻展」に行ってきました。
目黒の高台にあって、民家の傍に野外彫刻もたくさん展示されている不思議な場所でした。
久しぶりに青野さんの世界を堪能しました!
  
6月25日まで(月曜休館)
http://www.museum-of-sculpture.org/

2017年6月6日

リアルのゆくえ

  
(日曜日の続き)そのあと、Hさんの車で平塚市美術館へ。「リアルのゆくえ」を観ました。これはロビーにいたユニコーン。
明治・大正・昭和から現代に移行する日本の写実表現について展観したもので、作品も迫力ある素晴らしいものが集まり、時代の違いが、画家たちの渾身の努力を通して伝わってきて感動的でした。Hさんが寄託された作品もありました。11日(日)まで。
 
おなかいっぱい!
 

絵のある待合室

日曜日は、土方展に彫刻作品をお貸しくださった美術コレクターであり、お医者様であるHさんの平塚にあるクリニックに行ってきました。
ほんとに、絵のある待合室、というか絵に囲まれた待合室です。
300展以上所蔵されていて(!)、看護士さんや患者さんのリクエストに応じて変えられるそうです。 
書斎にあった土方久功の木彫・・・胡坐をかいて、むきあいました。