2017年9月25日

いい感じの時間帯

今回の展示は個人的には、ちょっと夕方になった頃が好きです。
床が暖色の光の交差になり、窓の外がきれいな青色になってきます。
      
 
   
壁や床に映る影が何ともいえない味わいです。

2017年9月24日

土笛づくり、鳴るまで夢中

今日は作家の小池史子さんによる、土笛作りのワークショップ。最初に小池さんが土笛をつくって音を鳴らすところまで、あっという間にやってみせてくれます。
さて、私たちがやってみると・・・これがなかなか形にならない、やっと形ができても音はなかなか鳴りません。でも土(ねんど)をいじるって、楽しいなぁ!手が喜んでる♪
 
鳴らしてみせようと、夢中になって吹いていると酸欠になったりして
小池さんが一人ひとりを回り、丁寧にフォローをしてくださり、あ、鳴った、鳴った。みんなで一斉に、「フォ~~~~~♪」
あっという間の1時間半、大人も子どももみんなで楽しみました~!! 小池さん、ありがとうございました 
 

2017年9月23日

明日のワークショップ締め切りました

おかげさまで、明日の土笛づくりワークショップは定員に達しましたので、締め切らせていただきます。
 
 
割り箸を削って、人数分のヘラをつくっている小池さん
 

2017年9月22日

雨降って、展示もかたまる

今日は1時間目、8時40分から~! 朝寝坊のオーナーはちょっと大変でした。
作品すれすれに上手に歩くのを見ながら、ハラハラ。
「この中に灯りを入れたらきっとかっこいいよ」
6年2組のみなさん、よく作品を観てくれていましたね。ありがとう!

お昼からギャラリーも開廊し、小池さんも松本から到着。
やはり土方展でご縁のできた、近くの高齢者施設の入居者の方々も来訪され、ゆっくりと、1つ1つの作品を味わうように観て回られました。
子どもたちの再訪もうれしかった。展示の微調整もやれて、すっきり一日が終わる。


2017年9月21日

糀谷小学校のみなさん、ようこそ!

前回の土方展でご縁のできた地元糀谷小学校。同じく6年生120名が今日から4回にわたり、
小池史子作陶展「地鏡」を見学に来ます。第1回目は6年1組の子どもたち。
最初にスライド写真で作家紹介後、図工の菅野先生が作品について解説、そして作品鑑賞。
 
6年生はいま2kgの信楽粘土を使って、小学校最後の陶芸作品を制作しているとのこと。
よいときに来てくれましたね。

2017年9月18日

墨による、みたことのない景色

「地鏡」連動企画その1~書家・伊坂細青「地鏡に映る”私”のようなもの」
初めに、空気に書く 
そして、空間に紙を吊るし、墨をすり、墨の線が生きもののように動いていく
クレーの天使がいたるところにいるような
  
                  出来上がった作品
伊坂さんは書家として、古代文字や篆書に残る象形の要素や線の感触で、「ことば」そのものを表現する筆法を追求してこられましたが、パフォーマンスを引き受けられたのは今回が初めてということでした。
ありがとうございました!
 

2017年9月17日

オープニング・パーティー

16日の夕刻、小雨降る中でしたが、和やかに「地鏡」のオープニングが行われました。
ご自身と陶芸についてお話をされる小池さん、娘の環(たまき)ちゃんが駈け寄って・・・ 
初日に何とか間に合った、作家紹介のスライドを横で映しています。
あたたかな雰囲気の中で会は進み、最終日に演奏予定のギタリスト、下舘直樹さんが1曲ご披露くださいました。
そのあと、ダンサーのとよさんも、ギターの音色で踊ってくださいました。
パーティーの様子が、20日(水)18時から、ケーブルテレビJ-com(チャンネル11)で放映されます。 大田区の城南地域にお住まいの方、ぜひご覧くださいね。
たくさんのご来場、ありがとうございました。