2017年4月27日

国旗の返却

きょう、パラオ共和国大使館に国旗を返却、きのうは太平洋諸島センターにストーリーボードを返却、などなどお世話になった方々にご挨拶まわりをしています。

2017年4月25日

「瞬間とかたまりと旋律」

日曜の午後、チェロとパーカッションとダンスの公演がありました。
ダンスの内野さんは、オーナーの昔からの友人に紹介いただいた舞踏家の方。会場には、舞踏家の方たちもたくさん来られ、いつまでもにぎわいが続きました。
 

2017年4月24日

たくさんの出会い

延長展示のなかで、木曜の朝は、ギャラリー向かいの糀谷保育園の年長さんたちが、「ぶたぶたくんのおかいもの」を聞きに来てくれました。
 
金曜の午後には、ご近所の包括支援センター糀谷の高齢者の方々が、展示を観に来てくださいました。
 
たくさんの出会いが広がった「南の島の光と風と夢」
土方さんも、一緒にここに来て楽しんでいたように感じます。
ギャラリーに足を運んでくださった方々、ほんとうにありがとうございました。

2017年4月23日

HH会

小学校の見学会での展示復活もあり、土曜日の午後、土方久功、旧南洋群島にかかわる方々と、作品を囲みながら、反省会・懇親会を行いました。

2017年4月22日

延長戦が終わりました

最後の見学会は朝9時半から。子供たちは何となくねむたそう。
図工の菅野先生も、彫刻が得意なのだそうです。今度作品見せてくださいねー!
 
 
母校の子どもたち、来てくれてありがとう! 
 

2017年4月21日

その後の猫犬プロジェクト

今回、土方展延長戦が決まり、「猫犬」作家さんたちにも再集合を呼びかけましたが、
来てくれたのは、この地域に在住されている有田さんと佐藤さんの猫犬たち・・・あれれ、
佐藤さんの猫犬が、2匹いますよ~!
間にあるのは、太平洋諸島センターからお借りした、パラオ工芸品の「ストーリーボード」
彫刻をパラオの人々に最初に教えたのは土方です。
image1.JPG
島崎さんの猫犬は、呼びかけたときはすでに解体されていました!
「また新しい作品に生まれ変わります」(本人談)

2017年4月20日

見学会のようすがテレビ放映されます

きょうは午前と午後2クラスの見学会。
スライドに始まり、絵、木彫、ブロンズ、作品の下に書かれた詩、絵本、そしてストーリーボード、猫犬作品・・・子どもたちは多岐にわたる土方の贈り物を満喫したようでした。
 
午後はケーブルテレビも入って撮影しました。
明日18時から大田区城南地区で放映されます。お楽しみに!
 
嬉しそう