2017年11月15日

「作品と場との幸福な出会い」

美術雑誌月刊ギャラリー11月号に、小池史子作陶展「地鏡」(9/16~10/1開催)の記事が紹介されました!
「30年以上工場として稼働してきた空気を色濃くとどめる空間に、小池史子の作品は決して負けていない。むしろ作品と響きあい、空間自体を新たな作品にしている。」(本文より)
発行 : ギャラリーステーション 800円+税 大手書店で購入できます。

2017年11月14日

秋晴れの中に太鼓が響く

今回のコスマスさんのワークショップは、コンガ、キント、プガラブー、トゥント、ジャンベといった大物楽器が勢ぞろい、本格的な打楽器体験ができました。
いやぁ、高度でした!一つの太鼓のなかでの、様々な打ち方、、、コスマスさんのテクニックの片鱗に僅かでもふれたような時間でした。
ギャラリーの音の響きも、からっとした秋晴れの中でとてもよかったです! 
 
 
奥様のエリカさんの焼いてきてくれたケーキを囲んで、みんなでティータイム♪
コスマスさん、今年は3回のワークショップと夏のコンサート、ほんとうにありがとうございました‼

2017年11月12日

工場の写真展~有限会社南製作所だったころ

11月29日(水)~12月3日(日) 休みなし
11:00~17:00 入場無料
写真家・大塚忍さんの撮影した作品を中心に、ここギャラリーが現役の工場だった頃の写真を展示します。
第7回おおたオープンファクトリーの連携企画です。
http://www.o-2.jp/mono/oof/tieup/tieup2017.html
「オオタノカケラ」(11/25~26)の後にゆるっとやります。
ちょっと休憩がてら、いらしてください。

♦最終日12/3(日)14:00~終わりまで、ギャラリー忘年会をいたします。
♦何が飛び出すか、来てのお楽しみ
♦申込:メールでお知らせください。2222gmf@gmail.com
♦参加費:一品持ち寄り

2017年11月9日

アンティゴネ―、終わりました

日に光る銀杏をみながら、終わった舞台とそこに至るプロセスを思い出しています。
これらはみな前日のゲネです。
桟敷席に50の座布団が置かれていきます。本番には80人近くのお客様がこられました。
右は弟さんである押井守さん(角川書店「身体のリアル」で対談)と打合せする最上さん 
 
 
終わって上を眺めたら、なんともすいこまれそうな群青の空と月
2日間、強い磁場がここにあらわれました。
 
最上さんはじめ舞踏家の方々、そしてスタッフの方々、ほんとうに おつかれさまでした。 
 

2017年11月5日

今日は舞踏公演「アンティゴネー召喚」公演日です

気持ちのよい秋晴れの中、本日16時開演、開場は15時30分です。
予約・当日とも締め切られています。
混雑が予想されますので、お時間に余裕を持ってお越しください。

                        Photo  by LINA

2017年11月3日

オオタノカケラ「町工場の道具展」&ワークショップのお知らせ

「町工場の道具展」
11月25日(土)26日(日)  11:00~17:00
大田区で、職人の道具や町工場そのものを一つの資源として新たな交流を生み出してきた、美術作家酒百宏一さんによるアートプロジェクト「オオタノカケラ」
昨年はたくさんのドラム缶を使ったインスタレーションをみせてくれましたが、今年は工場で旋盤工が手にしていた様々な道具を実際に手に取り、体験できる展示が行われます。
URL:http://www.sakao-lifeworks.com/otanokakera/

※ワークショップも同時開催いたします。
「工場まちの散策+道具の写し取りワークショップ」
11月25日(土)26日(日) 13:30~15:00
京急蒲田駅に集合して、糀谷の工場まちを散策した後、ギャラリーにてフロッタージュ技法による道具の写し取りを行います。
対象:どなたでも(小学校3年生未満は親同伴)
定員:20名
参加費:無料
申込み:氏名、連絡先(住所、電話、メールアドレス)、参加希望日を記載のうえ下記宛先までメールでお申し込みください。e-mail:otanokakera@gmail.com

第7回おおたオープンファクトリーの連携企画です。http://www.o-2.jp/mono/oof/

2017年10月23日

カンディンスキー、ルオー、クレー~色の冒険者たち

午後は台風一過の青空、総務と新橋の汐留美術館へ行ってきました。
ルオーギャラリーというだけあって、ルオーの魅力・・月明り、震える命の発光、裸の人間の表現をまんきついたしました。総務いわく 「きっとレレレのレ~って描いたんだよ」

表現への情熱展:汐留パナソニック・ミュージアムにて、12/20(水)まで
https://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/17/171017/

2017年10月16日

リズム&パーカッション・ワークショップのお知らせ

コスマス・カピッツアによるリズム&パーカッション・ワークショップ
日時:11月12日(日)14時~16時 
 
うれしいことに、今年は春・夏・秋と、このリズム・ワークショップを楽しめます♬ 
端正な音と自在に遊ぶ心を併せ持ったパーカッショニスト、コスマスさんは、ギャラリーの音空間で、チェロやオーボエ、古楽器とのコラボレーション、ソロライブなどさまざまな試みをしてこられました。
この実験的なワークショップにおいても、素晴らしいリードで参加者のパワーを引きだしてくれます。打楽器未経験の方でも大丈夫です。
豊富な種類のパーカッション、小物打楽器を叩きながら、アンサンブルの音の楽しみまで感じられる贅沢な時間を、ご一緒しませんか。
 
参加費:2500円 
お申込み・お問合わせ:ギャラリー南製作所(2222gmf@gmail.com
 

2017年10月10日

告知:11/5最上和子舞踏稽古場公演「アンティゴネー召喚」

11月5日(日)16:00開演(15:30開場)
当日3500円、予約3000円
予約受付:mogami20171105@gmail.com
*予約終了。11/3までキャンセル待ち受付中とのことです。
 
原初舞踏 最上和子ブログ 関連記事
http://walhallahlaw.blog.fc2.com/blog-entry-630.html

2017年10月9日

オオタノカケラ取材

非公開で、オオタノカケラの取材がありました。
11月25日~12月3日「おおたオープンファクトリー2017」に、今回はオオタノカケラによる展示&ワークショップ、ギャラリー主催による工場写真展を開催予定です。
詳細は、追って告知させていただきます。
「おおたオープンファクトリ―2017」特設サイト:http://www.o-2.jp/mono/oof/
同ちらし: http://www.o-2.jp/mono/oof/pdf/OOF2017.pdf

2017年10月5日

余韻

今回の展示は、小学校の見学会のあと子どもたちの再訪があったり、地域の高齢者施設や文化センターの陶芸教室など、ご近所の方々に足を運んでいただけたこともうれしいことでした。
 

  
長いようで、やっぱりあっという間の半月間。
残るのは、小池さんのバイタリティーの余韻と広々とした床の静けさ

2017年10月2日

沁みとおるギターの音色

最終日は、下舘直樹さんのギター・ソロライブ。
柔らかに煌めく、暖かな音色が、空間をつつみました。
 
私たちとともに、今日帰る作品にも沁みとおっていったよう、幸せな時間をありがとうございました!
打ち上げの途中から搬出作業
 
「床を生かす展示がしたい」とおっしゃっていた小池さん
素晴らしい展示をありがとうございました!

2017年9月30日

あした最終日ライブ「ギターの即興もしくは非バークリー的な独奏」

いよいよあと1日となりました。
たくさんのご来訪、ほんとうにありがとうございます。
あしたは14時から、ギタリスト下館直樹さんによるソロ・ライブがあります。(投げ銭制)
http://2222gmf.blogspot.jp/2017/09/101.html
そのあと、打ち上げです。差し入れ、大歓迎です!
地鏡のみんなで、お待ちしています。

2017年9月28日

あと3日

残すところあと3日となりました。
迫力ある空間を観にいらしてください。

           写真:LINA
 

2017年9月27日

糀谷小のみなさん、来てくれてありがとう!

平日の4回にわたる見学会、無事に終了いたしました!・・・ホッと一息です。
毎回引率してきてくださった、図工の菅野先生、お疲れさまでした!
きのうは6年3組
きょうは6年4組
鑑賞する時間は長くはなかったけれど、心に残る何かをひとつでも持ち帰ってくれたならうれしい。

きのう(26日)の見学会のようすが、あした(28日)18時から、城南地区ケーブルテレビj-com(11チャンネル)にて、放映されます。
もし、自宅にケーブルテレビが繋がっていない場合でも、スマホの「ど・ろーかる」アプリで1週間ご覧になれるそうです。
詳しくはこちら→ http://www2.myjcom.jp/special/dolocal/index.shtml?cid=my_dolocal-004

2017年9月25日

いい感じの時間帯

今回の展示は個人的には、ちょっと夕方になった頃が好きです。
床が暖色の光の交差になり、窓の外がきれいな青色になってきます。
      
 
   
壁や床に映る影が何ともいえない味わいです。

2017年9月24日

土笛づくり、鳴るまで夢中

今日は作家の小池史子さんによる、土笛作りのワークショップ。最初に小池さんが土笛をつくって音を鳴らすところまで、あっという間にやってみせてくれます。
さて、私たちがやってみると・・・これがなかなか形にならない、やっと形ができても音はなかなか鳴りません。でも土(ねんど)をいじるって、楽しいなぁ!手が喜んでる♪
  
小池さんが一人ひとりを回り、丁寧にフォローをしてくださり、あ、鳴った、鳴った。みんなで一斉に、「フォ~~~~~♪」
あっという間の1時間半、大人も子どももみんなで楽しみました~!! 小池さん、ありがとうございました 
 

2017年9月23日

明日のワークショップ締め切りました

おかげさまで、明日の土笛づくりワークショップは定員に達しましたので、締め切らせていただきます。
 
 
割り箸を削って、人数分のヘラをつくっている小池さん
 

2017年9月22日

雨降って、展示もかたまる

今日は1時間目、8時40分から。作品すれすれに上手に歩くのを見ながら、ハラハラ。
「この中に灯りを入れたらきっとかっこいいよ」
6年2組のみなさん、よく作品を観てくれていましたね。ありがとう!
お昼からギャラリーも開廊し、小池さんも松本から到着。
近くの高齢者施設の入居者の方々も来訪され、1つ1つの作品を味わうように観て回られました。
子どもたちの再訪もうれしかった。展示の微調整もやれて、すっきり一日が終わる。